元アスリート社員紹介

※スポナビ…体育会、スポーツ学生のための就職支援サイト

※スポナビキャリア…体育会・アスリート・スポーツ経験者のための転職エージェントサービス

就職活動時に競技継続を選択した理由/不安だったこと

-高

大学卒業後の進路としてラグビーを辞めるという選択肢は自分にはなかったです。幸いにもいくつかの実業団からお声がけいただき、希望通りにラグビーを続けることができました。

セカンドキャリアへの不安もありましたが、チームを選ぶ際に引退後もしっかり働ける環境があることを軸にチームを選びました。

-小樋山

卒業後は“トップリーグでプレーをしたい“というラグビーへの想いが何より強かったので、当時セカンドキャリアのことはあまり考えていなかったかもしれません。

結果的にトップリーグのチームからは、お声が掛からなかったので卒業後は一つ下のカテゴリーのチームに入団することになりました。それでもやはりトップリーグを目指したい気持ちが強く、トライアウトを受け、3年目にトップリーグへの入団が決まりました。

-高木

私は学生時代に一般企業の就職活動も並行して行っていました。

一般企業に進む道とサッカー選手として進む道、二つの選択肢がある中で、最終的にサッカー選手の道を選んだので、ある程度の覚悟をもちサッカー選手になりました。

また、いくつかのチームからオファーいただく中で、私も高さんと同じようにセカンドキャリアや環境面を重視しチームを選択しました。

-小川

私は三人とは状況が少し違い、オファーをもらってサッカー選手になったわけではなく、自分からトライアウトを受けてサッカー選手になったので、正直様々な不安はありましたね。

大学3年時に就職活動・教育実習・サッカーの3つの選択肢の中からサッカーにチャレンジすると決めたものの、ことごとくトライアウトに落ち続け、今回のトライアウトが落ちたら就職浪人確定という状況も経験しました。

引退を考えたきっかけや当時のセカンドキャリアへの考え

-高

引退後も所属企業で働くことを想定してチームを選んではいたのですが、部が縮小し、働き方もフルタイムになるタイミングで、他のチームからプロ契約でオファーをいただいたことがありました。

ですが、当時まだ日本のラグビー界にプロ選手の実績も少なく、選手寿命やセカンドキャリアのことを考えたときにプロ選手としての道ではなく、当時のチームに残り、引退後は所属企業で働くという道を選びました。

-小樋山     

小さい時から両親に文武両道と言われて育ってきた影響もあり、トップリーグのプロ選手になってからも練習以外の時間の使い方はとても大切にしていました。現役時代に大学院に通うなど、常にセカンドキャリアは頭の中で考えていました。

2019年のラグビーワールドカップを一つの目標としていたことや大学の監督業のお話をいただいたことが重なり、30歳を区切りに引退することを決めました。

-高木

大学生時代、一般企業へ就職することを考えていたこともあり、サッカー選手になってからも常にセカンドキャリアのことは考えていました。

3年目で日本代表に定着し始めてはいたのですが、チームでなかなか試合の結果が出せず、自分が思う選手の在り方と周囲からの評価にズレを感じ始めました。その頃からセカンドキャリアについて色んな方と話をするようになり、だんだん現実味を帯びてきて、本格的に動き出しました。

幸いにも色んな方から引退について反対意見をいただいたり、他のチームからオファーをいただいたのですが、自分の中ではもう引退を決めていたので意志が変わることはなかったですね。

-小川

入団3年目にチームがJ2に昇格が決定したのですが、そのタイミングでチームを強化するために外から選手が補強されました。

そして、補強されてきた選手や他のJリーグの選手の上手さに圧倒され、想像以上の実力差を感じ始めました。

その時からこの世界でTOPを目指すことにワクワク感が持てなくなり、本当の意味で自分の実力を受け入れ、引退やセカンドキャリアを考えました。

スポーツと仕事の共通点

-高

個人的には、スポーツと仕事は全く別物だと捉えた方が良いと考えています。

セカンドキャリアという言葉もよく耳にしますが、一つの人生なので、無理に”セカンド”と区切る必要はないと思っています!

プロスポーツ選手引退後のセカンドキャリアで社会人としてゼロから…という表現の仕方もありますが、プロスポーツ選手も一つの職業であり、毎日仕事をしているという点では、サラリーマンと同じですよね。

-小樋山

高さんのお話、とても共感します。私も“セカンドキャリア“という言葉に対して思うことはありますね!

 “頑張らないと結果は出ない”、“頑張ったからといって結果が出るわけではない”、という点はスポーツも仕事も同じだと思います。

そのことをスポーツ選手はこれまで身をもって経験してきていると思うので、セカンドキャリアでも活かしてほしいですね!

-小川

夢中になれるものであればスポーツも仕事も大変なことには必ず遭遇すると思っています。

私自身、現役の時にしんどいことや苦しいこともあったのですが、“なぜ頑張るか“という目的や目標がいつもありました。

それはサッカーに夢中だったからだと思いますし、仕事に置き換えても夢中になればなるほど、頑張る理由や動機が湧いてくることは同じだと思いますね。

-高木

私も3名の意見に賛成ですね!やっぱり頑張ったら頑張った分だけ結果には出てきますし、評価にも繋がります。

何も考えずにむやみやたらに頑張るというよりかは、自分の中で整理して、明確な目標を掲げることは、スポーツでも仕事でも大切だと思います!

現役の時からやっておいた方が良いこと

-高

アスリートから会社員になる方の声で、PCスキルに苦労したという話を聞きます。

ExcelやPowerPointなどのPCスキルの部分は社会人になる前からでも修得できるスキルなので、セカンドキャリアのことも考えると事前にPCスキルは身につけておいた方が良いと思いますね!

-小樋山

色んな人に会って、現役の頃から自分の世界観を広げることはしておいた方が良いと思います。

特にプロの世界や競技のレベルが高くなればなるほど“自分がすごい”と勘違いしてしまいがちなところがあります。

だからこそ、一歩外に出れば、自分がまだ知らない色んな世界があり、色んな人たちがいることを現役の頃から知ることが大切だと思います!

-小川

私も小樋山さんと同じように外の世界を知ることは大切だと思います。

自分から行動しない限り、選手やスタッフなどチーム内にしか関わりはないので、スポーツ選手は良くも悪くも世間知らずになってしまう可能性があります。

色んな人に会って、色んな価値観に触れることの重要性は私もお伝えしたいですね。

-高木

私も皆さんと同じように、PCスキルを身に付けておくことや外の人に積極的に会うことは重要だと思いますね。

私自身、現役時代から外の人に結構会っているタイプだったのですが、今振り返っても、色んな人に会いにいってよかったなと思います!

元アスリートから現役アスリートへ

-小樋山

精一杯スポーツで頑張ってきた経験は次のステージでも絶対無駄にはならないですし、これまでの経験がこれからの自分を支えてくれます!

今セカンドキャリアに不安や悩みを抱えていても、焦らなくても良いと思います。

何か少しでもやりたいことや興味のあることが出てきたときに、もう一度全力で取り組んでほしいですね。

本気で取り組んだ結果、スポーツも仕事も次の道が見えてくると思うので、皆さんにはスポーツの時と同じように本気で熱くなれるものをセカンドキャリアでも見つけてほしいですし、本気で探しにいってほしいです!

-小川

今現役アスリートとして活動している方には、中途半端に終わらず、やり切ってほしいということをお伝えしたいですね!

セカンドキャリアを考えるにしても、自分で期限を決め、いつまでにどういう状態になっていたいかを掲げてみてください。

結果がどうであれ、自分自身が最後までやり切れるかどうかによって、セカンドキャリアにポジティブな気持ちで次に進むのか、後ろ髪を引かれながら次に進むのか、将来に大きな違いがあると思います!

-高木

私も「やり切る」、「後悔しない」というのは大事だと思います。

私自身、体育会学生のキャリア支援を行う中で、一般企業に進むか、競技で進むかを迷う学生はある一定数います。迷う方は、自分の可能性があるからこそ迷うことが多いのだと思います。

自分に対しての期待の持ち方がそれぞれあると思いますが、自分への期待値が自分の中で整理出来ている人こそ、就職活動や転職活動が上手くいっているように感じます。

人それぞれ状況は様々ですが、自分の中での期待値や考えを整理し、今の環境でしっかりやり切って、次に進むことはとても大切だと思います!

-高

今の環境で身も心も灰になるまでやり切ってほしいですね!個人的にはどの選択をしても、“あの時○○しておけばよかった”、“これでよかったのかな・・・”と、悩み、後悔する時期は遅かれ早かれ必ずくると思っています。

ですが、自分が決断して進んだのであれば、 “自分で蒔いた種は自分で刈り取る“という気持ちが大事ですね。

それが、結果的に目の前のことに夢中になることに繋がっていると思います!

なので、悩んでいる方も迷っている方も今目の前のことを灰になるまでやり切って次に進んでほしいですね!


スポナビキャリアはあなたを全力でサポートします!
~全国11拠点★オンライン面談も可能~

Popular Articles

人気の記事

スポーツフィールドは、
アスリートの皆さんの
就職・転職を
応援しています