プロフィール 

原 美咲(はら みさき)

2015年に新卒としてスポーツフィールドに入社。入社後、福岡オフィスの立ち上げメンバーに抜擢。現在、九州エリアのセクション長としてチームの統括を行う。学生時代はハンドボール部に所属し、全国大会に出場。現在もハンドボールを継続。2019年佐賀県の国体選手にも選出。

現在の業務内容について

九州エリアにおけるセクション長として、主に担当しているメンバーやチームのマネジメントが日々の業務内容になります。

メンバーを通して、クライアントと学生の顧客満足度を最大化することがミッションです。

競技経験について

-これまでの競技経験について教えてください。

小学校3年生から6年生までバレーボール

加えて小学校4年生からはハンドボールを始め、中学校への入学と同時にハンドボール一本に絞り、その後は大学卒業までハンドボール部に所属していました。

母親が昔からハンドボールをしていて、練習や試合によく付いて行っていたのが、始めたきっかけでしたね。

小学生の頃は、習い事で1週間が埋まっていて習字ピアノも習っていました。

現在でも、休みの日にたまにハンドボールをすることもありますし、審判として大会に携わっています。

-ハンドボールの競技成績について

高校は、九州大会優勝・選抜大会出場・インターハイベスト16です。

大学は、全国ベスト8。実は社会人になってからもハンドボールを少し続けており、昨年(2019年)も佐賀県の国体選手に選出されました。

-原さんが考える体育会の価値とは…?

体力・根性など、一般的に言われるような部分ももちろん魅力的だとは思いますが、スポーツで結果を出されている方は、「巻き込み力」があると思っています。

又、「複数人(チーム)で1つの目標を追う」という経験は、スポーツならではの経験ですし、社会に出ても通ずるものがあると考えております。

故に社会に出てからも様々なフィールドで活躍されているスポーツ経験者、体育会出身者も多いのではないかと感じています。

-スポーツを通して培った力は、社会人生活において、どう活かされていますか?

主将や副主将を小学校から大学まで任せていただいたことで身についた「洞察力・協調性」は、特に社会人になってから活きています。

社会に出て、いかに効率的に成果を出すかが重要になってくる中で、周りと協力し、連携を取ること必要不可欠です。

私自身、主将だからといって、常に試合に出ていた選手ではありませんでした。

当時は試合に出ていない立場での主将は色々と大変だった部分も多かったのですが、社会人になって、その経験が活かされていますし、良い経験だったと思います。

スポーツフィールドとの出逢い・福岡オフィス立ち上げについて

-スポーツフィールドへの入社の決め手を教えてください。

学生のときに就職活動を行う上で体育会系学生のための就職活動(就活)支援サイト、スポナビを利用していました。

当時、九州に拠点は無かったのですが、私の当時のスポナビ担当スタッフだった山田さんがわざわざ定期的に福岡に来て下さっていました。

その際に、スポナビを運営するスポーツフィールドも新卒採用をしていることを知りました。

私自身、スポナビ利用者でもあり、働いている人たちの顔が見えていたことで、仕事内容のイメージが持てました。

この人たちと一緒に働くんだったらどんな時も頑張れそうという気持ちがありました。

あとは、元々教員志望だったこともあり、学生や企業に何かを伝えたり直接支援できるところに魅力を感じ、スポーツフィールドへの入社を決めました。

-入社した当初について教えて下さい。

私は新卒(15卒)としてスポーツフィールドに入社しました。

私たちが入社した当初は全国でもまだ社員は40名ほどでした。(現在は約200名

新卒入社の同期は12人で、5年経った今でも9人と同期入社が多くいるのは嬉しいです。

会社愛が強い代ということですかね。ある意味しぶとい代とも言える(笑)

私の同期には産休・育休を初めて取得した社員や、産休育休復帰後すぐに活躍し、昇格した社員もいます!

みんな優しい心の持ち主で、同期のことは大好きですし、自慢です!

私が入社した当初は、福岡オフィスも出来たばかりで、伊地知さん(副社長)、高見さん(福岡の社員)と3人で立ち上げという形でした。

当初は、伊地知さんもプレイヤーだったので、研修していただく時間も多くは取れず、見様見真似でとにかく毎日必死でした

全国各地を繋いで行う代表者会議も1年目の頃から出させていただいていたのですが、1年目の時は、ほぼ毎日泣いていました(笑)

出来ない自分と指摘されるまで気づけなかった自分に悔しくて…。

今思うと良い経験をたくさんさせていただきました。

そこでチャンスをいただいたから今の私があります。当時は、きつかったですけど今思うと本当に感謝です。

-立ち上げ時の印象的な出来事はありますか?

人数が少ないので、オフィスで一人、架電をする場面も多くあったのですが、別の電話を対応しているときに折り返しの電話に対応できないのは大変でした(笑)

あとは社員が増えていく中で、自分たちで机や椅子を発注して、自分たちの手で組み立てたりして、オフィスを自分たちの手で少しずつ作り上げていったのは、良い思い出ですね。

福岡オフィスについて

-立ち上げから5年経った福岡オフィスはいかがですか?

入社当初3名だった福岡オフィスも今では28人になりました。

人数がどんどん増える事に、受け入れ体制として不安を感じるときもありましたが、やっぱり人数が増えることはとても嬉しいです!

ただ、人が増えることによってメリット・デメリット両方あると感じています。

人数が少ないとやはり連携は取りやすいです。

人数が増えていく分、情報共有の仕方や動き方などルールを必要とする場面が増えると思います。

メンバーの認識や意識の統一をするのもマネジメントとしては難しくなってきている点です。

ただ、デメリットとしてはそのくらいで、様々な考えや視点を持った人たちが集まるので、困った時のアドバイスを様々な人からもらえることや、成功事例の共有によって動き方の選択肢が増えることはすごく良いと思います。

-福岡オフィスの雰囲気を教えてください。

九州は全国的にもとても若く、フレッシュなメンバーが多いオフィスです。

28人中22人が20代です‥‥(笑)私は現在27歳ですが既に古株です

年齢が近いこともあり、みんな仲が良いです。

若い子たちが多い中で、同期や年齢が近い子たちが支え合ってくれているのを見ていて結束力を感じます。

伊地知さんも社員一人一人の様子には、とてもアンテナを張って下さっており、最近元気ないなと思う子には声かけて下さったり、よくメンバーを食事に連れて行ってくださっています。

私は、佐賀県から通っていることもあり、最近は参加出来ていないのが残念ですが…。

九州エリアの統括・マネジメントについて

-マネジメントする上で気を付けていること。

どのタイミングで誰に何を伝えるべきなのかを常に考えて判断をするようにしています。

セクションが小さくなり、各セクションに私とは別に責任者がいる今、セクションごとで方針や意識していることがあります。

そのため、最近は私が直接メンバーに何か指示を出す事はなるべくしないように意識しています。

各チームの意見を尊重すると同時に、私の指示によって混乱や不快を与えないためです。

以前は1つのセクションだったので毎日のように細かく確認をしていました。

なので今の3・4年目の子たちは「原さんに怒られなくなったな~」と思っているはずです(笑)

-目指すマネージャー像を教えてください。

個々に合わせたマネジメントができたら理想だなと感じています。

そのためには、個々とのコミュニケーションが非常に大事だなと思っているのですが、実は人見知りというか…自分から話しかけたり誘ったりするのが苦手な私には結構難しい課題です…(苦笑)

目に見える数字だけを見て改善方法を出すのではなく、個々の動き方や今までやってきた努力とかも理解した上で、本質的なアドバイスをするようにしています。

そうすることで、モチベーションを上げることで、目標に向かって一体感を持って走っていけるようなチームをになると信じています。

今後成し遂げたいことについて

-短期的な目標と長期的な目標を教えてください。

短期的な目標は、九州から個人もしくはチームでMVPを出すことです。

2019年5月から、1度も九州から表彰されておらず、負け癖のようなものがついているような気がしています。

まずはそこを打破して、年間MVPも狙えるようにマネジメントしていきたいです。

長期的な目標としては、沖縄を含めた九州全県に拠点を設けることです。

これまで九州は福岡の1拠点のみでしたが、2020年1月に新たに小倉と熊本にサテライトオフィスがオープンしました。

全国でもどんどん新しい拠点が増えており、私が入社した当初は、東京・名古屋・大阪・福岡の4拠点だったのが、今では全国17拠点です。

社長の篠﨑さんも今後、スポーツフィールドとして全国47都道府県にオフィスをオープンさせたいとおっしゃっているので、九州としても全拠点にオフィスを構えられるよう頑張っていきます!!!

そのためには新卒採用・中途採用と一緒に働くメンバーもどんどん増やしていく必要があります。

皆さんご応募お待ちしております!!!(採用宣伝・・・笑)

スポーツフィールドでは一緒に働く仲間を募集しています!

Popular Articles

人気の記事

スポーツフィールドは、
アスリートの皆さんの
就職・転職を
応援しています