矢ヶ崎 瞬(やがさき しゅん

小学校から大学までサッカー部に所属。高校からはレフェリー中心に活動。大学卒業後、大学に職員として就職。その後、2019年10月にスポーツフィールドへ入社。現在も週末はレフェリーとして様々なカテゴリーの試合で活躍中。

-本日はよろしくお願いします。早速ですが、簡単に自己紹介をお願いします。

よろしくお願いします!

スポーツフィールドには、2019年10月1日に入社しました。前職は大学職員です。サッカーは小学校4年生から始めて、高校の途中まで選手としてやっていました。高校の途中から本格的にレフェリー活動を始めて、レフェリーに専念しようかなと思って選手の方は辞めました。今はレクリエーション程度にボールを蹴る程度ですね・・・。

-サッカーを始めたきっかけは何だったんですか?

きっかけですか・・・。運動が小さい頃から好きで・・・、ん・・・特別な理由はないです(笑)学校の遊びの中でボールを蹴るのが楽しかったからですかね。

-体育会あるあるの「気づいたら始めていた」パターンですね(笑) レフェリーに専念しようと思ったきっかけは何ですか?200名以上いるスポーツフィールドの社員の中でも、レフェリーとして活躍しているのはおそらく矢ヶ崎さんだけかと。

昔から人と変わったことをするのが好きでした。学校の合唱祭では歌うのではなくピアノで伴奏してみたり、サッカーでもキーパーをやっていたこともありました。他の10人とは違う役割が良かったんだと思います。今もその延長ですかね。あの役割、楽しそうだなぁと思ったのがレフェリーだった感じです。

-結構ひねくれものですね(笑)

そうですね。あとはサッカー選手としてはプロのように、高いレベルに行けるとは思っていなかったので、レフェリーであれば自分が立てない舞台に立てるかもしれない。という想いもあり、面白そうだと思ってはじめました。

-大学時代についてお話を聞かせてください。駒澤大学を選んだ理由はなんですか?

サッカーの強い大学に行きたいなと思っていました。というのは、大学の部活動ではレフェリーが必要になる機会があるので、その役割を僕が担えたらという想いと、単純に練習試合でも笛を吹かせてもらえると思ったので。サッカーの強豪大学に行けば、高いレベルの試合を経験できると思って『サッカーの強い大学』という切り口で選びました。

-実際、サッカー部の中にレフェリーを専門とされている人は何人くらいいらっしゃるんですか?

駒澤大学の場合は僕が初めての事例でしたね。普段の練習や試合も行けるときだけになりますが、レフェリーとして部活動に入部させていただけますか?と監督へ相談して、4年間異色の立場のサッカー部員として活動できました。

-異色の立場。やはり「変わったことをするのが好き」の延長なんですね。部員たちと練習の頻度などのズレが出てくると思うのですが、コミュニケーションは取れていましたか?

やっぱり部内では珍しい存在なので、皆さんの方から興味を持っていただいていました (笑)『あれはどうなの?』『これはどうなの?』とか『あの判定はどうだったの?』とかルールに関する質問とか聞きに来てくれましたので、(コミュニケーションを)取れていましたね。

-部内にレフェリー専任者が存在することで、選手にとってもプラスになっていたということですね!現在のレフェリーとしての活動は、どのカテゴリーが一番多いのでしょうか?

高校生・大学生・社会人の東京都リーグや関東リーグがメインになってきますね。時折、全国大会や全国リーグを担当しています。

-レフェリー専任だとプレイヤーより部活以外の時間を確保しやすいのでしょうか?学生時代は、レフェリーの活動以外にアルバイトなどはやっていましたか?

塾の講師をやっていました。指導は得意です(笑)もともと学校の先生になりたかったこともあって、中学校の特別支援学級の介助員としてお手伝いみたいな形で携わっていました。

-確か社員プロフィール(※社内掲示板)のところに、『持っている教員免許の科目は聞かないでください(笑)』と書いていたような・・・。フリですよね?なんの教科ですか?

実は英語の教員免許を持っています(笑)

-英語!社会っぽいな~と勝手に予想していました(笑)何学部に所属されていたんですか?

グローバル・メディア・スタディーズ学部という日本一学部名が長い学部です。主に英語とメディアを勉強していました。メディアだと当時、SNS が普及し始めた頃だったので、「SNSを使ってどのように情報伝達をしていくか」のような内容をレポートに書いたりしてました。

-おもしろそうですね。元々英語に興味があったんですか?

そうですね。単純に英会話が好きでしたので、駒澤大学を選んだのもサッカーの強豪校という点と、英文学科以外で英語の教員免許が取れるという理由があります。

-元々は教員を目指していたんですね!初めて知りました!

大学2年生までは本気で教員になろうと思ってました。

-では、なぜ教員ではなくて大学職員の道に進まれたんですか?

そもそも大学職員という仕事があることを知ったのは大学2、3年生ぐらいの時でした。その時、高校生も含めた学生の成長に主体的に関わりたいと思っていたんです。学生の成長に関われる職業というと、当時は教員しか知らなかったので教員を目指していたわけですが、本来自分がやりたいことは何か特定の教科や学問を教えることよりも、人間的な成長に何か携わりたいと考えていました。それができるのは教員より職員だと思ったので大学職員を目指すようになりました。

-なるほど。では、目指していた職員になった後になぜ転職を・・?・

学生レフェリーの時に、大学サッカーの実情を見る機会が多々あって、大学のサッカーリーグにはすごく力があることを実感しました。今の日本代表メンバーにも大学サッカー出身者が多く入っています。先日の川崎フロンターレのスタメンは11人全員が大学サッカー出身者でしたし、大学サッカーは優秀な人財を輩出しているところなんです。けれども、実際大学サッカーってあまり知られていないですよね?どこの大学が強いとか、誰が有名選手なのか、知っていますか?

-確かに大学サッカーについて、多くの露出があるとは思えませんね。

良い比較が高校サッカーだと思います。注目度が全然違いますよね。高校サッカーの全国決勝だと埼玉スタジアムに、約5万人の観客が入ります。しかし、大学サッカーの全国決勝は5,000人ぐらいしか入らないです。普段のリーグ戦になると、1,000人いけば多いほうです。

未来の日本代表選手も所属しているにもかかわらず、その状況ということが非常に残念ですし、大学リーグのポテンシャルを活かせておらずもったいないなと感じていました。大学職員になってからも、大学生の成長を傍らで見ていて大学生の力を感じる場面が多々あったので、これを自分のバックグラウンドであるスポーツにも活かせたらいいなと思いまして、そういう仕事を探していたら、スポーツフィールドに出会いました!

-そういった経緯があったんですね。現在どんな業務をしているか簡単に教えてください。

事業企画室の営業企画の担当なので、社内のコミュニケーションを円滑にすることや、各大学・大学生とスポナビを繋ぐような仕組みづくりなど、関係性の構築のために様々な取り組みを実施しています。

ざっくり言えばなんでも屋みたいな感じです!!

-実際入社して約1ヵ月が経ちますが、入社前と入社後のGAPはありますか?

入社前に予想していたよりも想像以上に良い環境で、良い意味で裏切られた感じがあります。

素晴らしいなと思ったのが、「褒め合う文化」が社風として馴染んでいるところです!朝礼(編注:褒められた人が翌日別の人を褒める「べた褒めリレー」)にしても、みんなの日報を見ていてもそうですよね。それがベースになっていることが非常に素晴らしいと感じます。褒めるって意図的にやらないと埋もれちゃう部分なんですけど、それを仕組化することで根付かせている会社だという所に、良い意味で裏切られた感じです。

-私は新卒からスポーツフィールドに居るので、それが当たり前の環境だと思ってこれまでやってきましたが、そういった声を聞くと、率直にとても嬉しいです!ありがとうございます!

-今後スポーツフィールドでやっていきたいことはありますか?

元々転職の理由でもある大学生の育成に携わりたいと思っています。今、会社のメイン事業は就職支援ですが、就職支援だと大学生の最後3~4年生の期間にしか関われないと思うので、もっと早い段階から人間力の育成に携われたらと考えています。どこに行っても活躍できる人財を育成できれば、就活においても、企業から引っ張りだこの状態になるのかなと思っています。

-レフェリーでの目標はいかがでしょうか?

目の前の試合、選手に対して、無事に試合を終わらせることです。それは決して惰性による現状維持という意味ではありません。

いい意味でレフェリーが目立つことなく、何もなく試合が終わることは意外と難しいことなので。選手がストレスなく、シンプルに相手との勝ち負けだけで、納得のいく環境を作っていくことやそれを継続してことが大事だと思っています。

スポーツフィールドの役員の方からもよく、『現状維持は後退と一緒。』という話がありますが、まさにそうだな、と思います。常に前進するつもりでないと、現状維持にすらならないと考えています。

-レフェリーについてお聞きしたいのですが、レフェリーのプロとして活躍している人はどのくらい、いるんですか?

 レフェリーのプロ(としてご飯を食べられている方は)は日本に13人しかいません。なりたくてなれるものでもないんです・・・。しかも単年度契約なので、「来年契約はありません。」ということも十分にあり得ます。プロの選手と同じ感じですね。13人以外のレフェリーはどう生活していると思いますか?

-デュアルキャリアでしょうか・・・?

そうです!普通に仕事をしています。その仕事も、昔は学校の先生や公務員が多かったんですけど、今は多様化しています。なので、レフェリー活動を通して、いろんな人、いろんな職業の人と普通に話せることが楽しさの一つでもありますね。警察、医者、大学の先生、社長など、普通に生活していたら出会えない人たちとレフェリーという共通なものを通して普通に話をすることができるので。レフェリーの控室では、そういう話とかもしています。それがコミュニケーションを深める手段でもあるんです。

-普段レフェリーをされている方が普段どんな職業についているか、これまで考えたことも無かったです。レフェリーの裏側のお話を聞けて良かったです!今後レフェリーも注目してみていきます!

ありがとうございます!カッコイイことをいうと、ジャッジの正しい/正しくないは、究極的には誰にも分からないんです。ですがレフェリーを専門とやっている人がいる以上、よっぽど間違ってない限りは文句を言わずに尊重する風潮があればいいなと思いますね。私も時々文句を言っちゃいますけどね(笑)

-最後に何かインタビューを読んでいる皆さんに伝えたいことはありますか?

おすすめの番組が一個ありまして・・・。Jリーグで起きた微妙な判定に対して、『そのジャッジはどうだったんだろう?』と振り返る番組があるんですよ。それを見るだけでも、『レフェリーってこういう目線で見てるんだ』とか、意外と簡単そうに見えてそこって難しいんだというのがあるので、興味ある人は見て欲しいなと思います。

-ちなみに番組名は・・・・?

『〇〇〇』という番組です。(笑)

-気になる方は矢ヶ崎さんまで・・・・(笑) 矢ヶ崎さん、本日はありがとうございました!

Popular Articles

人気の記事

スポーツフィールドは、
アスリートの皆さんの
就職・転職を
応援しています