スポーツ人財のキャリア支援などを始め、「スポーツの可能性を様々なフィールドで発揮する」株式会社スポーツフィールド(本社:東京都新宿区 代表取締役:篠﨑 克志)は、去る10月に2020年度入社社員の内定式を執り行いました。

内定式では、来春に入社予定の内定者18名が出席し、内定証書授与のほか、内定者一人ひとりが決意を表明してくれました。

今年の内定者の中には、スポーツと仕事の両立を行う「デュアルキャリア」アスリートや、大学院で研究を行いながら、陸上競技に励んでた方など、スポーツの可能性を更に広げてくれるメンバーが揃いました。

また、先輩社員からは「スポーツフィールドにはチャレンジできる環境がある。思い切りチャレンジしてほしい。」と内定者へ言葉を贈りました。

熱意溢れ、時には笑いありの「スポーツフィールドらしい」内定式となりました。

来春から共に働く社員が輝ける環境づくりを行い、「スポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮する」という理念の実現に向けて、社員一同取り組んで参ります。

Popular Articles

人気の記事

スポーツフィールドは、
アスリートの皆さんの
就職・転職を
応援しています