「2017年度 新入社員入社式」を札幌ドームにて実施

 スポーツ人財の就職・採用支援サービスを手掛ける株式会社スポーツフィールド(本社:東京都新宿区 代表取締役:篠﨑 克志)は、2017年4月4日(火)に「2017年度 新入社員入社式」を札幌ドームにて執り行いました。当社では2年前からスポーツ施設での入社式を実施し、新入社員並びに従業員も心に残る1日となりました。

本年度は、札幌ドームで17名の新入社員をグループに迎え、入社式後は100名を超える社員総出の大運動会を実施し、社員同士での親睦を深めました。
新入社員はアナウンスとともにグラウンドへ入場し、ホームでミットを構える代表取締役の篠﨑に向かって、名前と決意を記したボールをマウンドから力いっぱい投げ込みました。また、スポーツフィールドの全従業員の前で決意表明を行い、新社会人としての第一歩を踏み出しました。

【新入社員の声・感想】
• 自分の頑張り次第で会社の未来が変わると思い、気合が入りました!
• 全社員の前で自分の決意を発表する機会頂けたことは、とても嬉しかったし、よし頑張ろうと思えました!
• 話している時に頷きながら話を聞いてくれる先輩たちを見て、『あぁ、自分がちゃんと認められたんだ。』って思いました!
• モチベーションが上がり、全社員に認めてもらえる存在になりたいと思いました!
• まず、全社員に会えたことが嬉しく思いました。そして、先輩方と一緒に働ける事にわくわくし、頑張ろうと決意できました!

 株式会社スポーツフィールドでは、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、スポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮し、個人、法人、地域社会、そして日本の発展に貢献すること」を理念に掲げています。 全従業員の約90%が体育会系出身者であり、入社式を札幌ドームのようなスポーツ施設で開催することでモチベーション向上につなげる狙いがあります。また、都内で大規模会議室やホテルを利用するよりも総コストとして抑制できる他、全従業員が社員旅行を兼ねて一堂に集まることで、普段は全国各地に分かれて業務に取り組むメンバー間での交流と一体感の醸成を図っています。

Popular Articles

人気の記事

スポーツフィールドは、
アスリートの皆さんの
就職・転職を
応援しています