スポーツ人財の就職・採用支援サービスを手掛ける株式会社スポーツフィールド(本社:東京都新宿区)は体育会学生の就職活動状況レポートをリリースしたことをお知らせいたします。
本レポートは、体育会学生の大学時の競技実績別(全国大会出場経験ありorなし)で調査を行い、その調査結果がまとまりましたので、一部抜粋してご報告いたします。

■体育会活動の状況について(1週間の練習日数について)

 全国大会経験者は、未経験者に比較すると練習日数が「6日、もしくは7日」と回答した学生が多く見られた。

■就職活動に不利だと思ったこと

 全国大会経験者と未経験者においては、不利だと思ったことに関する大きな違いは見られなかった。しかし、「インターンシップに参加できなかった」「就活を始めるのが遅くなった」等の時間的制約に関する回答が、全国大会経験者のほうが多く見られた。

■体育会活動を通して身についたもの(こと)

 全国大会経験者と未経験者の比較においては、大きな違いは見られなかった。しかし、「礼儀」や「上下関係の理解」「忍耐力」という上位3項目において、体育会活動にて身についたと回答した学生は全国大会経験者のほうが、高い比率となった。

■就職活動の進捗について

 2018 年1月時点での就職活動の進捗状況について、1社以上エントリーしている学生は全国大会経験者が33.9%、未経験者が72%と、何らかの企業へのエントリーをした学生の割合は、全国大会経験者と未経験者の間に約2倍の差が見られた:スポーツフィールド

 その他、調査項目について、以下。

[調査項目(※一例)]

1 体育会学生の日常生活状況について
1.1 体育会活動の状況について(1週間の練習日数について)
1.2 体育会活動の状況について(休日について)
1.3 体育会活動の状況について(繁忙期について)
1.4 1日1回以上利用するインターネットサイト、もしくはSNS、ゲーム

2 就職活動状況について
2.1 2018 年 1月時点での活動状況(エントリー社数)
2.2 2018 年 1月時点での活動状況(ES提出社数)
2.3 2018 年 1月時点での活動状況(筆記試験受験社数)
2.4 2018 年 1月時点での活動状況(面接試験受験社数)
2.5 2018 年 1月時点での内定状況
2.6 体育会に入って有利/不利だと思うこと
2.7 体育会活動を通して身についたもの(こと)
2.8 就職活動への周囲の理解
2.9 就職活動に対する不安
2.10 リクルーターとの接触について
2.11 OB・OG 訪問について

3 就職希望状況について
3.1 志望業種について(第1希望)
3.2 企業選択のポイント(第 1 希望)
3.3 勤務希望地について

■ダウンロード先

https://jinjibu.jp/materials/index.php?act=detl&id=6589

株式会社スポーツフィールドについて

当社では「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、スポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮し、個人、法人、地域社会、そして日本の発展に貢献すること」を理念として掲げています。理念の実現を目指し、更に地域に密着した就職支援サービスのご提供を行うため、このたび株式会社サンリと本プロジェクトを始動する運びとなりました。今後も当社は、より良いサービスの提供に努めるとともに、さらなる業容拡大、発展に邁進してまいります。

本リリースに関するお問い合わせ

経営戦略本部 コーポレートコミュニケーションDiv.鶴巻

Tel:03-5225-1481
Mail:sportsfield_pr@sports-f.co.jp

会社概要

社名 株式会社スポーツフィールド http://sports-f.co.jp
所在地 〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町3-29 FORECAST 市ヶ谷 4F
設立 2010年1月5日
代表者 篠﨑 克志

Popular Articles

人気の記事

スポーツフィールドは、
アスリートの皆さんの
就職・転職を
応援しています